最近では、オメガ3系の脂肪酸ばかりが話題にされますが

実はオメガ6脂肪酸という栄養素も存在します。

 

オメガ6脂肪酸とは植物油に多く含まれています。

 

サラダオイル、紅花油、ごま油、なたね油、

オリーブオイル、コーンオイル…etc

 

食品ではスナック菓子、カップ麺、

ケーキなどが当てはまります。

 

この脂肪酸は外部からしか摂ることができず、

身体には欠かせない”必須”の脂(あぶら)ということで

必須脂肪酸と呼ばれています。

 

オメガ3系の脂肪酸って何だっけ??

血液サラサラ効果や記憶力アップの効果が見込めるので

人気を集めるのが、EPAやDHAです。

 

それらはオメガ3系の脂肪酸に属していて

イワシやサバ、サンマなどの青魚に多く含まれます。

 

日本でも普段の食生活から

オメガ3脂肪酸を摂取するチャンスが薄れているので

注目されている栄養素です。

 

オメガ6とオメガ3…どっちも必須脂肪酸なんだけど…

オメガ3もオメガ6も必要な油のですが、現代人の食生活を見ていると

オメガ6脂肪酸の摂取量が多すぎる傾向にあります。

 

その一方で、オメガ3脂肪酸の摂取量は少なくなっています。

 

オメガ6は意識しないでも勝手に摂取できているけど、

オメガ3は意識していかないと不足しがちだってことです。

 

オメガ6は必須の脂肪酸だけど

すでに摂り過ぎている場合が多く

不足していることはまず考えられません。

とにかく現代人に重要な必須脂肪酸はオメガ3系だ

魚を食べる機会が減ってきているので

オメガ3系の脂肪酸(EPA・DHA)を積極的に

摂っていくべきです。

特に欧米では、オメガ3系の脂肪酸をサプリメントで

摂取するのが主流になっています。

今やアメリカはかなりの健康志向ですからね。

 

でも、そうはいっても

 

これまでの食生活をガラッと変えることは難しい。

そこで摂りづらい栄養素を手軽にサプリメントで

補ってしまおうってわけです。

 

>オメガ3脂肪酸を摂取できるサプリメントを見てみる