フィッシュオイルとは、その名の通り魚に含まれている油のことを指します。

 

ふーん、たかが、魚の油でしょ?

 

と甘く見てはいけません^^

 

なんといってもフィッシュオイルには、必須脂肪酸が豊富に含まれています。

※脂肪酸とは脂質を吸収、分解されたときの成分のことを指します。

 

必須脂肪酸とは、人が摂取するべき脂肪酸のことで

体内で生み出すことが出来ないので、

外部から積極的に摂るべき栄養素とされています。

 

たしかに別に摂らなくても命に別状はありません。

しかし、必須脂肪酸をしっかり摂っておくと

隠れたメリットが沢山あるんです。

 

しかも、意識すれば手軽に摂れてしまう栄養素なので

摂っておいて損はありません。

フィッシュオイルの無限の可能性とは!?

フィッシュオイルには色々な作用があることが

様々な研究結果で分かってきています。

調査してみてビックリしました。

 

生活習慣病の天敵…コレステロール対策

フィッシュオイルにはDHAやEPAが含まれているので

中性脂肪、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)

を減らす作用があります。

 

血管の内部に脂肪が多くなり

動脈硬化を招くリスクを下げることが出来るわけです。

認知症予防改善

フィッシュオイルに含まれる特にDHA(ドコサヘキサエン酸)が

脳神経に働きかけ、記憶力や学習能力を管理する「海馬」に

良い影響をもたらしてくれます。

 

このことから、認知症の予防や改善に効果的とされており

お年寄りの間でも積極的にサプリメント類を飲み始める人が多いです。

 

うつ病などの改善

これも一定の効果があるとされています。

うつ病などになると、DHA・EPA関連のサプリを

医師から勧められるケースもあります。

 

美肌・アンチエイジング効果

フィッシュオイルには

抗炎症作用と肌の代謝をアップさせる作用があります。

ニキビや肌荒れの改善され、肌代謝がアップすると

早く新しい肌の生成が始まります。

 

ホルモンバランスも整えてくれる効果があり

肌のシワの原因なども抑えてくれます。

 

がん治療でも大活躍

がんの治療薬とフィッシュオイルを組み合わせることで

相乗効果が期待できるようです。

 

乳がんや結腸がん、前立腺がんなどの治療に効果が

あることが報告されています。

 

ドライアイなどの眼の疾患対策に

ドライアイや加齢が原因の白内障にフィッシュオイルは効果的です。

とくに現代人はスマホやパソコンの利用で

ドライアイになる率が上昇しているのでフィッシュオイルは

救世主になるかもしれません。

 

今回は代表的な効果を紹介しましたが、

まだまだフィッシュオイル(オメガ3脂肪酸)

には解明されていない効果効能があるとされています。

フィッシュオイルの効果を最大限に引き出すには??

 

フィッシュオイルを単体で摂っても

実はそれほど効果は見込めません。

 

他のビタミン類と一緒に摂らなければ

フィッシュオイルの効果は最大限に

発揮できないとされています。

 

フィッシュオイルに含まれるDHA・EPAの

吸収率を一気に高めてくれるビタミン類も

バランス良く取り入れることがとても大事です。

 

ここで、ビタミンを一緒に摂取できてしまう

サプリメントがとても便利です。

 

わざわざ魚料理を食卓に揃える必要もありませんから楽です。